2013年 9月

トイプードルのトト君です。

お散歩中にグイグイ引っ張る、人に飛びつくとのこと。(顔面に激突するくらいジャンプします)

untitled

散歩に関しては飼い主さんの意識が「移動」と「遊び」がごちゃ混ぜになっていました。

トト君は1歩進んではにおい嗅ぎ、電柱があればおしっこして・・・という具合です。

飼い主さん側は犬の自由に、やりたいようにさせるということと我儘にされると困るという気持ちが葛藤します。

私の方針としては目的地までの「移動」は安全重視です。つまり横に付かせて歩きます。

公園などの目的地に着いたら「遊び」を楽しみます。ロングリードなど使うと良いでしょう。

人間もそうだと思いますが何にしても時と場所を選ぶことが大切ではないでしょうか?

何にしても「散歩」という一括りにしてしまわないことです。

「移動」「遊び」「排泄」「社会化などのしつけ」「ダイエット」などなど・・・

様々な目的の元、全てごちゃ混ぜでやってしまうので矛盾や混乱が出てくるのだと思います。

一つひとつに飼い主さんなりの信念を持って取り組んでいき、自分流の散歩方法を見つけましょう!

パピーコース受講中のトイプードルのルルちゃんです。

トレーニングが終わって首をかいてるところ・・・

untitled

トイレトレーニングは飼い主様の努力によって今のところ順調です。

今回はリードをつける練習と散歩練習をしました。

パピー犬は順応性が高く、あっという間に変化→進化していきます。

ルルちゃんもいい感じに歩けてましたよ!

今の時期は多少の失敗には目をつむり、おおらかに育てることが大切です。

ポイントさえしっかり押さえておけばきっといい子に成長すると思います。

4カ月になったばかりのアラモードちゃんです。(通称アーちゃん)

とってもキュートで毎回しつけの時に私の方が癒されます。

untitled

5mのロングリードで遊んで呼びよせる練習をしました。

あとは一緒に歩くことも練習中です。

この時期は色んな経験を積ませて社会化を促すことが大切ですが

この日は近所の犬たち4頭ばかりと挨拶できました!

はじめは飛びついていたアーちゃんですが、相手の犬から教育的指導が入り、

すぐに犬社会の礼儀作法を身につけたアーちゃんでした。

子犬は一日でも、一回のしつけ訓練でも大きく成長します。

しつけ成功の秘訣はスタートの早さと言えます。

問題が起きてから直すのではなく、子犬のうちから予防的しつけ訓練を行いましょう。

シュナウザーのごさぶろう君です。

他人に吠えたり、咬みつくこともあります。

しかし素直な一面もあります。

要するに素直な良い面をいかに引き出すか?ということです。

untitled

犬の思うがままに任せると、嫌なこと(他人が近づく)は嫌だと主張します(吠える、咬む)。

飼い主さんとしては「他人をそんなに嫌がる、怖がることはないよ」と教えてあげればいいわけですね。

ごさぶろう君をはじめ犬は「そうなんだ~」と素直に従ってくれるはずです。

あとは練習量がものを言います!

犬を信じて前向きに頑張れば必ずいい子になるでしょう。

 

4才のヨーキー、はる君です。

他の犬を見ると興奮して吠えてしまいます。

お家に知らない人が来たり、人の気配を感じたりすると吠えます。

週2回、一か月程しつけをしていますが

少しずついい子になってきています。

untitleduntitled

最近はお家でも、いつも吠えてる場面で吠えないことがあるそうです。

しつけの効果が出ているのでこの調子で頑張ってもらいたいと思います!

 

ミニチュアダックスのりく君です。

散歩中に他犬に吠えてしまうということで散歩の練習をしました。

untitled

よく見受けられるのは胴輪(ハーネス)をつけておられるケースです。

まず胴輪での犬の制御は難しく、しつけをするには不向きと言えます。

りく君も首輪にチェンジして歩きましたが・・・

たったそれだけであまり吠えなくなります。

接近するとまだダメですが直るのは時間の問題でしょう!

ドッグトレーニングアクア

東京都東大和市立野3丁目631-3

代表 水口 祐介

Tel 080-3425-0308

18東京都訓第101076号

登録H30.9.17 有効H35.9.16

>こうご動物病院