アクアの学び舎「フセのしつけ 応用編②」

イヌに自信をつけるには、成功体験を繰り返し、褒めてあげることです。

逆に、失敗ばかりさせてしまうとイヌは自信を喪失していくでしょう・・・

そして、失敗にも内容があります。

「失敗」=「悪」ではなくて、同じ失敗を繰り返すのがまずいのです。(むしろ失敗の中にこそ答えがある)

大事なのはやり方に変化をつけることであり、同じ失敗は2度としないこと。

スワレのしつけでも書きましたが、うまくいかない事(失敗)から応用練習はスタートします。

指示の出し方を変えるなどして同じ失敗は繰り返さないように試行錯誤していくのですね。

基本ができたら⇒応用するが失敗⇒試行錯誤した後に⇒応用成功⇒進化!

上記の流れが普通のパターンじゃないかと思います。

最後に、試行錯誤してるけどなかなかダメなんです、という方にアドバイスです!

フセのしつけは、イヌが勝手に立ち上がろうとした瞬間がポイントでしたね?

ならばあえてその瞬間を作ります。イヌの近くに食べ物をまく、ボールを転がす、音を立てる、犬を跨ぐなどしてみましょう。

それでもフセたままなら良し。立ち上がってしまうならリードで瞬間的に制御すること。

強く制御するのか、軽く制御した方が良いのかはイヌによって違いますが・・・これもまた試行錯誤ですね~。

 

継続は力なり。さあやってみましょう~!

 

ドッグトレーニングアクア

東京都東大和市中央3丁目938-10

代表 水口 祐介

Tel 080-3425-0308

18東京都訓第101076号

登録H30.9.17 有効H35.9.16

>こうご動物病院