新!上から読んでも下から読んでもアクアのお話「犬を動機付けするには?」

ここで言う動機付けとは、

「犬に行動を起こさせる為の理由&衝動を持たせること」と考えてもらえば良いです。

例えば、オスワリをしたらご褒美を与えるとします。

これによってオスワリができるようになったならば、犬がオスワリする理由は「ご褒美をもらう為」ですね。

これを外発的動機付けというのですが、ご褒美を与えることで犬のやる気を引き出していくわけです。

効果は絶大!?かもしれませんが、これだけだと持続性がなく、つまりご褒美が出ないとやる気もしぼんでしまいます。

例えば、無駄吠えをしたので大きな音で驚かせて叱ったとします。

これによって吠えやむならば、犬が吠えやんだ理由は「音に驚いた為」ですね。

これも外発的動機付けで、不快な刺激によって犬の行動を矯正していくわけです。

最初は効くかもしれませんが、そのうちに音に慣れて効果は薄れていくでしょう。

上記のように外発的動機付けは初めは効果が高いですが、ご褒美も罰もやがて慣れて、効果は薄れてくるものです。

これを克服するには内発的動機付けが必要です。

内発的動機付けとは「その行動そのものが楽しい」という心の状態ですね。

子供も犬も楽しく遊んでる時はまさにこれです。(遊び行動そのものがご褒美になってる)

しかし、犬のしつけにおいてこれを実践するのは理想的ですが、かなり難しいのが現実ですね・・・!

遊んでばかりいてもしつけはちっとも進まないし、楽しいことばかりじゃないのがしつけなので。

2種類の動機付けをうまく組み合わせたらよいのですが、口で言うほど簡単なことではありません。

これを可能にする為のキーワードは「知的好奇心」だと思います。

ただ楽しい&ただの遊びではなく、知的で楽しい&知的な遊びに変換していきましょう~。

例えば、アイコンタクトとったら遊びが始まり(ご褒美)、オモチャを出さなければ遊びは終わってしまう(罰)、と教えたりします。

遊びの中にもルールがあると犬にきちんと伝える事が大事です。頭使わせたら頭が良くなりますよ。

例えば、仔犬なら甘噛みをしてくるでしょうが、これは構ってほしい気持ちの表れなので、実はしつけのチャンス!だったりします。

手を噛んで楽しむのではなくて、しつけ&遊びで構ってあげ、楽しませる。

逃げることで「ついておいで」を教える。立ちはだかることで「オスワリ」「アイコンタクト」を促す。オモチャを振って興味をオモチャに向けるなど。

こんな感じで知的好奇心を刺激しながら遊んでいただけなのを、いつの間にかしつけに繋げるのが理想です。

犬に行動を起こさせる理由&衝動を持たせる(動機付けする)には、

このように犬に頭を使わせ(知的=外発的動機付け)、犬に構うこと(好奇心=内発的動機付け)です。

心から「もっとやりたい」「もっとあなたといたい」と犬に思わせることが大事なのですね♪

 

 

 

 

 

ドッグトレーニングアクア

東京都東大和市立野3丁目631-3

代表 水口 祐介

Tel 080-3425-0308

18東京都訓第101076号

登録H30.9.17 有効H35.9.16

>こうご動物病院