新!上から読んでも下から読んでもアクアのお話「犬をしつけるとはどういうことか?」

馬には乗ってみよ、人には添うてみよ。

これは何事もやってみなければ分からないし自分で経験することが大切である、ということわざですが、

「犬には行動をとらせてみよ」だと思います。

オスワリやフセなど何でもいいので、飼い主さんが思った行動をいかなる時でも愛犬にとらせることができればヨシ。

そうしてみると愛犬の本音が見えてきます。

「今は取り込み中だからやりませんよ~」とか「じゃあちょっとおやつ出してもらおうか!」とか。

犬のしつけで大事なのは、行動をとらせること。

行動をとらせることで内面を変化させ成長させていくのですね!

内面が変化すればさらに行動も変化しますから。

例えば、ブラシをかける時に噛む犬を噛まないようにしたい場合、

口輪をして強制的に抑え込んでも反動が必ずくるし問題は悪化するだけです。

行動をとらせると言っても無理強いは逆効果になります。

じゃあどうするかと言うと、犬が噛まなくて済むにはどうしたら良いかを考えます。

つまり噛む前段階の行動から変化させるわけですね。

これをず~っと遡っていくと、基本訓練に辿り着きます。いわゆるオスワリやフセです。

ということでまずは基本訓練を習得しましょう!

次にブラシをかける前にオスワリの状態で褒めます。

ブラシを見せては褒め、身体に当てては褒め、1回ブラシを動かしては褒め、2回ブラシを・・・と徐々に慣れさせます。

噛まずに済ませらせたことを褒めることが大事です。

どんな問題を直すにせよ、根気よく愛情もってしつけに取り組むこと。

それが愛犬の行動範囲を広げる結果に繋がり、より多くの人に癒しを与えることに繋がるのだと思います。

自由に育てられた犬はエゴが強くなるので結果的に行動範囲は狭まるでしょう。

果たしてどちらが本当に自由か??

しつけは愛犬に自由を与えるために必要不可欠な飼い主さんの重大ミッションなのです♪

 

 

 

 

 

ドッグトレーニングアクア

東京都東大和市立野3丁目631-3

代表 水口 祐介

Tel 080-3425-0308

18東京都訓第101076号

登録H30.9.17 有効H35.9.16

>こうご動物病院