上から読んでも下から読んでもアクアのお話「食べ物のご褒美は使うべき?」

初めに答えを言いますが、食べ物のご褒美は使っても使わなくてもどちらでもOKです!オモチャも。

好きならば使うべきでしょうし、そんなに喜ばないならば無理に使う必要はありません。

ただ、使い方が難しいので禁止しているトレーナーも多いですが。

どうやって使うかがポイントなのですが、ご褒美に食べ物などを与える場合、成功したら与えますよね?

もちろんそれでいいのですが、では「成功」とは何をもっていうのか?が重要なのです。

例えば、

「①おしりを強く押したら座る」と「②おしりを軽く押したら座る」と「③おすわりと言ったら座る」

この3つだとどれがレベル高いでしょうか?

そう、③ですね。

さらにレベルを上げると、

「④座ったまま3秒待つ」と「⑤座ったまま5秒待つ」と「⑥座ったまま10秒待つ」

はい、⑥が一番レベル高いですね。

どんどん行きましょう♪

「⑦座ってアイコンタクトとりながら1秒待つ」と「⑧座ってアイコンタクトとりながら3秒待つ」・・・

当然、⑧の方がレベル高いのです。これをず~っとやっていくとノーリード等に繋がっていくのです。

何が言いたいかというと、

③のレベルでご褒美を毎回与えていると、犬は④にはいきません。すぐに立ち上がってご褒美をもらおうとします。

だってそういう風に教えられているから。(犬の言い分)

そうです、「飼い主さんの方でレベルを上げるという意識がないと犬のレベルは上がらない」のです。

よって、ご褒美を与えるタイミングは「レベルが上がった時」となります!

そして、すでに身に付いてクリアしていることは「ご褒美を抜くこと」がポイントなのですね。(褒めはします)

ここが注意点ですがご褒美を抜かないとご褒美目的に行動する犬になります。(おやつがあれば従う)

言われればなるほど納得のことなのですが・・・実践するとなると意外と難しいのです。

 

 

 

 

ドッグトレーニングアクア

東京都東大和市立野3丁目631-3

代表 水口 祐介

Tel 080-3425-0308

18東京都訓第101076号

登録H30.9.17 有効H35.9.16

>こうご動物病院